これから歯科医院を開業される方へ

今や歯科医院にとってホームページは必要不可欠なものとなりましたが、新規開業する歯科医院にとってもそれは例外ではなく、固定患者のいないゼロからのスタートとなる新規歯科医院開業の場合はホームページ経由の集患はより重要度を増します

もし具体的な開院時期の目処がたっているようなら開院前からホームページも合わせて検討してみてください。

広告手段の限られる医療機関では開院時に新聞の折込にお知らせチラシを入れるくらいしか告知手段がありませんが、現状で規制のないホームページなら開院に先行して「●月●日 ▲▲市に■■歯科医院が開院します」とインターネット上での開院告知が可能です。

なぜ早めにホームページを作る必要があるのか

ホームページが検索結果に反映されるにはある程度の時間が必要で、さらに上位に表示されるにはもっと時間がかかりますので、開院と同時にホームページを作ったのではホームページ経由で患者さんをすぐに呼び込むのは難しいでしょう。

そのため、早めの準備が必要なのです。

医院名まで決まっているようでしたら医院名を考慮した独自ドメインを取得し、開院告知の仮ページをアップし、先行してSEO対策を行い検索順位をできるだけ上げておけば、開院までの間により広く開院の告知をすることができます

そしてそのウラで正式なホームページを準備しておけば、開院と同時にホームページの公開が可能で、かつゼロからのスタートよりはるかに良い検索順位に入れておくことができるのです。

開院前のホームページ制作について

開院前は当然のことながら用意できる素材に限りがあります。

医院外観や院内の写真は新築・改装工事が終わらなければ撮れませんし、院長先生やスタッフの写真もスタッフの採用・制服などが決まらなければ撮ることができません。その他にも診療内容や診療時間、住所、電話番号、ロゴマーク、医院のイメージカラーなど、不確定要素が多くなります。

しかし、印刷物と違いホームページは修正・変更が容易なのが大きなメリットです。仮ページには決まった項目から順次追加し、写真素材については仮のイメージで準備を進め、用意できたものから順次差し替えていけばOKです。

また、ロゴマークなどもD-Styleで合わせてデザインすることも可能です。

ホームページ制作期間について

通常はホームページの制作期間を3ヵ月以内でお願いしておりますが、新規開業する歯科医院様の場合は最長12ヶ月前から仮ページのアップ・先行SEO対策を承っております

ただしその場合、正式なホームページもD-Styleで制作することを前提とし、正式ホームページの制作期間は通常と同じく3ヶ月以内とさせていただきます。
また、仮ページ段階でのSEO対策も行う場合は月額保守料金が必要となります。